女性の主婦願望

●会社もあおってきた主婦人気
「そうはいっても、専業主婦は女性のライフスタイルの原型。そう簡単になくなるものではないでしょう」と思う人もいるかもしれません。しかし実をいえば、専業主婦は、つい最近まで、だれもがなれるわけではありませんでした。こうした存在が多数派を占めたのは、実は戦後の高度成長期からといってよいでしょう。戦後、ホワイトカラーの男性が増えるにつれ、男性が出勤した後を引き受けて、家事を受け持つ専業主婦が増えていきました。この間、女性の主婦願望は高まりました。五○年代までは、男性と同じような仕事を得るために大学に入学した女性が少なくなかったのに、六○年代に入ると「夫をさがしにきた」と堂々と口にする女性も出てきました。背景には、「つかまえておけば一生食いはぐれがない男」である終身雇用型サラリーマンが大量に登場したことがあります。高度成長期には男性の終身雇用が一般的になり、これら大手企業の男性が、その代表格となりました。この人々は、安定した職場と引き換えに、会社に全人的に奉仕し、景気が上向いて人手が足りなくなれば、外からの途中入社をさほど増やさなくてもやっていけるよう残業に耐えなくてはなりませんでした。社員としての位置を守るために、頻繁な異動や、事前予告なしの残業も二つ返事で引き受けられることが、男性会社員のイロハとして求められるようになりました。そのための必須のアイテムが、家事や育児を一手に引き受ける「専業主婦」でした。もし、ここで→出会った相性が合う人と結婚しても仲が悪くなったらここを思い出してください。

FH027_L

主婦という存在

もちろん、個人が、各人の様々な状況から判断して専業主婦を選ぶこと自体は、「悪い」ことでも「間違った」ことでもないでしょう。「全員が何があっても働かねばならない」と号令する社会があるとしたら、それではまさに戦時中の勤労動員です。ただ、職場の整備の不備や、働く女性から専業主婦の夫に保険料を貢がせたりするような「専業主婦への誘導システム」をそのままにしておいて、「主婦を選んでなぜ悪い」というのは、どうでしょうか。今の主婦年金は、いってみれば、「主婦が自由に主婦であることを選ぶ」ための障壁になっているのです。あなたが「好きで主婦を選んでいるの」といったとします。すると、働いている女性は、「あなたが好きでしていることで、なぜ私たちに年金負担がかかってくるの。負担を求めるなら口も出すわよ」と答えるでしょう。八五年までの専業主婦は、保険料を、家事の提供相手である夫と交渉して家計から出したり、自分が内職したりして払ってきました。ですから、多くの働く女性は、「夫に稼がせるのも女の甲斐性のうちかも」といった受け止め方で、主婦という存在にことさら目くじらを立てたりはしなかったように思います。現行の制度は、夫の負担を軽減した代わりに、主婦の自尊の気風を奪ってしまったともいえるのです。あなたはここで→結婚相談所 選び方 出会った人に対して、自分の理想を演じずに本当の自分をぶっちゃけられますか?

FH026_L

専業主婦にも「働く女性」が必要

問題の専業主婦の保険料免除は、八五年、男女雇用機会均等法が成立した年に導入されました。それまでは、主婦の七割が夫の給料や自分の内職などから支払っていたのが、突然「払わなくても基礎年金はもらえますよ」ということになったのです。すべての女性に年金を支給することが目的だったのですが、均等法で外で働く女性の数が増え、自分の保険料を自分で払う層が増えることがなければ、専業主婦の夫の負担は軽くなりません。新しい保険料支払い層である働く女性たちが専業主婦の分を分担しなければ、この制度はあまりうまみがないのです。こう考えると、外で働く女性が極端に減って専業主婦が圧倒的な多数派になる、というシナリオは、専業主婦志望者にとっても、必ずしも万々歳とはいえません。また、母子家庭に代表されるような外で働かざるをえない状況の女性は、仮に「専業主婦が当たり前」の社会になってもなくなるわけではありません。専業主婦は永遠に専業主婦というわけではなく、死別や離別で母子家庭になることもあります。また、女性が外で働いて食べていけるという背景があってこそ、夫に自分の要求をきちんとつきつけ、堂々の専業主婦を実現できるのです。「女は外で働かないもの」との前提で、女性へのセクシュアル・ハラスメントや男女の賃金格差がまともに改善されず、どうしても働かざるをえない女性がそのために大変な苦労をする、というこれまでのやり方を続ければ、一見、専業主婦に有利なように見えて、実は、様々な不利な副産物を生み出しかねないわけです。コミュニケーションは非常に重要ですので、これからここで→マッチドットコム口コミ 出会う結婚相手とはコミュニケーションを途切れないよう気を付けましょう。

FH019_L

人間には変化に対応する知恵と力がある

●「変えたくない」人々が優位を占めたら……
シナリオーは、こうしたあらゆる局面の激変にもかかわらず、既得権益は手渡したくない、変わるのがひたすら怖い、という心理が社会に広がって、変化に見合った器ができない場合を想定しました。人間には、変化に対応していこうとする力や知恵がありますが、同時にこれまでやってきたことへの執着も極めて強い生き物です。疲れているときに、今やっていることはいいことなんだよ、と優しい声でささやいてもらうと、ほっとして、いい気持ちになるものなのです。このように、もし、「ほっとしたい」という気持ちだけが人々の間で優位を占め、変化に耐えられない人々が物事を決める力を持った場合は、制度は基本的には変わらないでしょう。でも、制度は変化した実態に追いつけないのですから、そこに様々な歪みが起きてくることになります。例えば、シナリオーのように、これまで続いてきた男女の関係や企業のあり方を変えない方向に人々が動き、専業主婦が多数派に転じた場合、年金の保険料の支払いはほとんど専業主婦の夫の肩にかかってきます。仮に女性が外に出なければ、現在雇用者の四割を占めるその労働力を、外国人労働者でまかなう、という発想も成り立ちえます。ただ、この人々に社会保険料の支払いを求めるのは、そんなに簡単ではないかもしれません。バブルの時期には、外資系の銀行・証券などの様々な日本の企業に、多数の外国人サラリーマンが働きにきました。このときすでに、厚生年金の保険料を給料から引かれることについて、「そのうち帰国することがわかっていて、年金の恩恵にあずかれない働き手からも徴収するのはおかしい」という声が上がっていたくらいです。原則は、そこに永住する人が自分の分を自力で稼ぎだすことが、安定的といえましょう。まず相手がいないと、何もできないので、ここ→で相手を探してください。

FH018_L

一度結婚したからといって

その結果、九八年三月の年金審議会では、「収入のないサラリーマンの妻(第三号被保険者)が財源を負担せずに基礎年金の支給を受けていることへの不公平感が強まっており、第三号被保険者制度を見直す必要がある」との答申が出ました。同じ年の十月の審議会で、この改革は先送りになりましたが、専門家が検討会をつくって引き続き話し合うことになりました。九六年に政府から出された民法の改正案は、提案を見送られ、野党側が再度の提案を目指していますが、結婚は両性の合意にもとづくという憲法の原則に則って、五年以上別居が続くなど、結婚関係が事実上、破綻しているとみなされた場合は、破綻の責任があった側からの申し出でも離婚を認める、という方向がうち出されています。一度結婚したからといって、終身妻の座が保障されるわけではないのです。シナリオに登場したリストラや大手企業の倒産も、すでにここ数年相次いで起きていることです。新聞報道では、北海道拓殖銀行の倒産の際に、妻に生活費がないといわれ、「自分が働く」となぜいってくれないのかと不満を感じた、という夫の行員のエピソードが紹介されました。金融業界は長時間労働で、妻が家庭にいることを奨励する空気が強かった社会です。報道された夫もおそらく、それまでは「家庭にいてくれる妻」を希望していたのでしょう。しかし、それはあくまでも、終身雇用制が機能し、夫の仕事がいつまでも続くという仕組みが前提です。雇用が不安定な時代には、夫の不意の失職でも支えられる経済力が妻にも必要になり、そのためにも、女性が職場に入りやすく、働きやすい仕組みの整備が必要なのです。ここを読んだら、これからここ→出会いがない 社会人 で、出会う相手と上手に駆け引きができますね。

FH017_L

専業主婦の前提

●揺らぐ専業主婦の前提

これまで描いてきた主婦たちの二つの近未来シナリオは、今すでに始まっている様々なことが、もし、それぞれの方向に、極端に発展していったら、例えばこうしたことが起こりうるというモデルです。二十一世紀へ向けて、今、政府では将来の設計を立てるために様々な予測や長期計画をたてています。また、女性グループも、どんな制度が必要かの提言を活発に行っています。「○○計画」なんていわれても私には関係のないこと、と思っている女性は多いでしょう。でも、こうした計画を実際の女性の生活にあてはめてみると、こんなに違った生活像になりうるということを、実感していただきたかったのです。厚生省は、少子化などで年金の保険料を払ってくれる人の数が減って、財源難も一段と深刻になり、超高齢化時代の二○二五年に、サラリーマンが加入する厚生年金を今の制度のまま続けると、現役世代の保険料率が今の約一七%から約三四%まで上昇する(うち半分は企業の拠出)、との推定結果を発表しています。現在は、専業主婦と夫の扶養に入っている女性約千二百万人の分の年金は、外で働いて保険料を払っている男女も分担しています。働く女性や独身男性からは、「年金の財源難が問題になっているときに、これほど膨大な数の専業主婦の年金を無関係な自分たちが今後も負担しつづけ、しかも将来は今の倍ものかけ金を払わなければならないのは納得できない。専業主婦も外へ出て働いてほしい」との声が出始めているのです。
結婚後の生活で問題が発生し、解決しようとすると、また別の問題が出てくるかもしれませんが、結婚相談所 比較 ←ここで相性ピッタリの結婚相手を見つければそんな心配は少しで済むでしょう。

FH015_L

専業主婦志望

かつて、ギリシャの村を舞台にした映画を見たことがあります。戦争で村が侵略され、男たちは「見つかれば殺されるから」と一斉に山に隠れてしまいます。「まさか女は殺さないだろう」との理由で、女性ばかりが残されて留守を守ることになります。主人公の母も、占領下でひとり子どもたちを守ろうと必死に努力しますが、占領軍の物資の徴発や拷問に苦しみ、ついに叫びます。「男たちはいつも女を守ってやると言っていた。だから私たちは従ってきたのに、肝心なときに男たちはどこへ行ったの。なぜ女ばかりが何もかも背負わされるの」と。どの国でも、男でも女でも、自分が切羽詰まった状況にあるときに他人まで守り切れるような人間は、必ずしも多くはないのです。そうした弱さが、人間のいとおしいところでもあり、だからこそ、他人を守るという行為が感動を呼ぶのではないでしょうか。今起きている様々な変化は、こうした本来の男女の関係を一段とはっきりさせただけ、ともいえます。本書が、女性のあり方を、左表のような大づかみなコースに分けて描いてみようと試みたのは、経済の変化を背景に女性が様々な層に輪切りにされ、多様化が進むいま、「女性一般」について語るのは無理がある、との思いつきからでした。

八○年ごろを境に専業主婦の数は減る傾向をたどり、勤め人の妻で専業主婦をしている人の割合は、共働きの妻より少なくなっていきました。しかし、専業主婦全盛のころに育った今どきの女性たちにとっては、専業主婦は「だれにでもなれる」存在、しかも「見慣れた姿」で安心感を与えてくれる心のふるさとなのでしょう。ただし、「ふるさと」というものは、詩にもあるように「遠くにありておもうもの」であり、失われつつあるもの、でもあります。専業主婦という存在も、こうした側面を持っているということは、押さえておかねばなりません。専業主婦の人気は根強い一方で、現実の専業主婦のリスキーで厳しい部分は、あまり取り上げられることはありません。経済環境の激変で、「主婦」が大きく姿を変えつつあることも、知られているようで、あまり理解されていないようです。専業主婦志望の人にとっては、これはちょっと怖いことです。あこがれる人は多いが、リスクもどんどん大きくなる働き方「専業主婦」。その近未来に、どんな変化が起こりうるのか、ちょっと考えてみましょう。仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて、ここで→素敵な出会いを見つけてください。

FH016_L

女性の最後の避難場所

女性たちの最後の避難場所?
女性たちの人生選びの最初に「専業主婦」、つまり家事専業の女性を取り上げるのには理由があります。ひとつは、この働き方が、女性の間で今なおもっとも根強い人気を持っているように思えるからです。人気というより、「普通」にやっていけば、どんな女性にも主婦という道は確保されている、どうころんでも女性には主婦という最後の避難場所がある、という願いのようなもの、といった方がいいでしょうか。「会社で働く」ことについて、女性の耳に入ってくるのは、多くが不快な情報です。女性だというだけで雑用に追い使われたり、昇進にも恵まれなかったり、セクハラにあったり、過労死だけは男性並みだったりlこんな理不尽な思いをせずに、優しい夫に保護されて平和な生活を送れるというイメージが、専業主婦にはあるようです。さらに、何といっても専業主婦は、見慣れた存在です。今の多くの若い女性にとっては、母親といえば専業主婦だったからです。高度成長期以前の一九四○、五○年代には、農業、自営業などの比率が高く、女性が農家や中小の商店の主婦兼働き手として仕事をしながら子どもを育てる例もけつこう身近に見ることができました。しかし経済発展が進み、会社が大きくなり、勤め人世帯が増えるにつれ、夫は会社、妻は専業主婦という家庭が増え、働きながら子育てという光景は視野に入りにくくなっていきました。恋愛と結婚は違うところが多いですので、←ここで出会った素敵なパートナーをよく見極めましょう。

FH008_L

妻子を養うために

「そうはいうけど、どんな働き方をしようが女性の収入なんてしれたものよ・さして変わらないなら面倒なことは考えたくないわ」といっている人はいませんか。ところが、どんな働き方を選ぶか、どのコースをたどるかで、同じ女性でも大きな差が出てきます。わずかな生き方の差で、再就職型は継続型より額にして六千三百万円、二六・八%の損失です。パートで復職したとなると、継続型より一億八千五百万円、七八・四%もの損失になるのです。いずれも都内のマンション一戸から二戸分にも匹敵する額です。経済力のことをいうと、お金を自己目的化した「拝金主義」と混同してしまう人がたまにいます。しかし、経済力とは、まず食べていく、そしてやりたいと思うことを実現する-という人間として基本的な営みを実現するための最低限の手段なのです。それを知らずに、「みんながそうするから」「それが普通だから」「女性は家庭にとどまるべきだから」との思い込みで、割のあわない道に落ち込んでしまうとしたら、そのあげく、経済の部分を担ってもらえると決め込んでいた夫が職を失うことになったり、そこまでいかなくても、「妻子を養うためにしたいことをあきらめた」などと夫に密かに恨まれたりするような事態になったとしたら……。それは、情報不足による判断の誤り、ということでしょう。こんな判断ミスをできるだけ防げるよう、今後「こんな道を歩みたい」と思ったときに、どんな事態が想定できるのか、どうすれば落とし穴を避けられるのか、近い未来の世の中の変化を考慮に入れながら、コース別に考えてみましょう。素敵な結婚相手をで、見つけても結婚後に問題は発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。

FH009_L

愛される女性

そういうことがよくわかっていて、それでもやむにやまれず決断する、という実存的な生き方をあえて選ぶなら、それはそれで立派な哲学ですが、こうしたことを知らずに踏み切るとしたら、相当に考えものです。それでも相手が、愛する男性のために仕事を捨てるような女性が好きだ、というなら多少は救われるのですが、世の中にはその逆もいます。男にぶらさがらず、自力で生きてくれるけなげさに、愛と美を感じるという男性も案外いるのです。どんな女性が好きかは、男性によって千差万別といえます。それなのに、うっかり「愛される女性になるには」といった類の本を頭から信じ込み、マニュアル通りに行動すると、大変なことになる場合もあります。こうした本は、「こんな女がいたらいいなあ」という年配の男性著者の手前勝手な妄想だったり、「自分はこんな女が好きだ」という特殊な好みを述べているだけのことが少なくなく、あなたが、あなたの好きな男性に愛されるためには、さほど役に立たないこともあるからです。そんな女性論を読んでいるひまがあったら、「職場での性差別に勝って働き続ける方法」とか「労働裁判のABC」とか「女性がお金を増やすために」などをテーマにしたものをしっかり読んで、一応の経済力をつけ、「あなたのお金になんか頼らない、あなたの心が好きなの」と言い切れる女性になる方が、ずっと有益かもしれません。それくらい女性の身辺は変化しつつあるのです。夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。そうならない為にも、ここで→相性が合う素敵な結婚相手を見つけましょう。

FH028_L